古臭いと思って長年スルーしていたものが、歳をとるといいなと思うことが多々ある。
最たるものが“味覚”。
若い時は食べなかったようなものが旨く感じる。
さんまの腸やら、煮物やら、キノコ類やら。
若いときに「オヤジ・・・ジジくせーな」と思っていたけど、
今自分の子供に同じことを思われているんだなと可笑しくなる。
選ぶ服のデザインや色も“普通”を求めるようになりますね。
若い頃は人とは違う物をわざと選んでいましたけれども。

話が逸れましたが、古臭い物が良いと思った最たるものが昭和の家屋です。
それもバブル前の、土壁に瓦屋根といった造りにグッとくるのです。
バブル以降はだめですね。

瓦屋根の家とか、いかにも自分の城という感じで憧れます。
今住んでいる家はトタン屋根なのですが、ペンキの塗替えのときに業者に聞いてみたんですが、瓦屋根というのは手入れがけっこうかかるものらしいですね。
瓦というのはカッチリと固定しているものではないため、屋根修理も度々必要になるのだとか。

でもやっぱり日本人だからでしょうか。瓦屋根に憧れるなー。

うちにはワンコが3頭いる。
その3頭のなかに、チワプー(チワワとプードルのMIX犬)がいるのですが、飼ってから3年間一度もお散歩に連れて行かなかったんです。
連れて行こうとしたことはあったんですが、なんせ臆病な性格なため外にちょっと出かかるだけでもブルブル震えて一歩も動けなくなっちゃう・・・^^;

他の2頭は喜んで散歩に行くのに、毎回チワプーだけはお留守番していました。
「本人が行きたくないならしょうがないけど」と思って過ごしていたのですが、犬にとってお散歩はすごく楽しいことでしょうから(思い込み?)、なんとか外に連れて行こうと思い、抱っこして連れて行くことにしました。

最初はやっぱりブルブル震えて車の音に怯えていました。
が!、歩くこと10分程経過したころからでしょうか、なんと尻尾を振りはじめたのです!!^^
ちょっと外に慣れてきたのかな?と思い、リードをつけて地面に降ろしてみました。
すると、やはり予想通りといいますか、また怯えモードになってしまい一歩も動けなく・・・(汗)
初日だからしょうがないけど、抱っこ状態でも楽しそうにしていたのは収穫!
慣れるのはちょっとずつちょっとずつでしょうけど、散歩は楽しいものだとわかるようになるまで他の子と一緒に散歩に連れて行こうと思いました^^

我が家は事務職一家というか、家族全員が机に向かう仕事をしています。
親兄弟はおろか、親戚も全員といっていいほど肉体労働とは縁のない家系なのです。

私の歳(25歳)で中小企業の一般事務だと年収もだいぶ低め。
友達と給料の話になることもあるんですが、悲しくなります。
介護職の友人よりは多かったですが、ほんのちょっと多いくらいだったのでショックでした。

年収がいちばん高かったのは個人事業主で運送業をやっている友人。
話を聞いてみると赤帽みたいなものらしいのですが、直接仕事を請けられるし、
気に入ってもらえるとお得意様になってくれるからやり甲斐があるのだとか。
軽のワンボックスで県内だけで請けているそうですが、けっこういい収入になるんですねー。
軽貨物ドライバーの年収をなめていました。

個人事業主は福利厚生の面では劣りますし、病気になったら無収入になるというリスクが大きいですが、
いわれた仕事をこなすだけの事務職よりもやり甲斐があっていいなー、と羨ましく思いました。